HOME  > 雑記帳  > 社労士のうんちく  > 希望者全員を65歳まで雇用する制度の義務化 就業規則変更平成25年3月31日までに・・・

希望者全員を65歳まで雇用する制度の義務化 就業規則変更平成25年3月31日までに・・・

カテゴリ : 
社労士のうんちく
執筆 : 
2013-2-1 19:40

・・・朝日新聞に掲載されていて、目に留まりました・・・

就業規則変更のお願い!!

 

昨年、駆け込み的に決まった、

「改正高年齢者雇用安定法」・「希望者全員を65歳まで雇用する制度の導入の義務」

就業規則を変更してください〜

期限は、平成25年3月31日までに!!〜〜という広告です。

変更する内容は>>>

(1)65歳以上への定年の引上げ

(2)希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入

(3)定年の定めの廃止

いずれかを就業規則にて明示しなければなりません。

※この改正は、定年の65歳への引上げを義務付けるものではありません。

※この改正は、事業主が継続雇用制度を導入する場合、労使協定で定める基準により、継続雇用の対象者を限定することができる仕組みが廃止され、平成25年4月1日から、継続雇用制度は希望者全員を対象としなければならないことになりました。

  • 閲覧 (2287)