HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 女性管理職8%に増 政府目標の30%との差は大きい
アーカイブ | RSS |

女性管理職8%に増 政府目標の30%との差は大きい

投稿日時: 2017-05-11 19:46:34 (116 ヒット)

以下、引用です。

  女性活躍推進法が施行された2016年4月以降、国内の主要企業の8割が女性管理職(課長相当職以上)比率を引き上げたことがわかった。

  両立支援や女性向けの研修など、各社の取り組みが成果につながった。ただ、回答企業の17年4月の比率は平均8・3%で、「20年までに管理職比率を30%程度に」とする政府目標との差は大きい

 アンケートは4月に実施。自動車、電機、食品、商社など各業界の大手121社に質問を送り、116社が回答した(回収率96%)。

 同法施行前の15年と、16、17年のそれぞれ4月時点で管理職の女性比率を尋ねたところ、平均で6・9%、7・5%、8・3%と増加した(一部企業は各年3月末など直近の数字で回答)。

(5月5日 読売新聞)