HOME  > 新着情報  > 会社を訴えるニュース  > 製薬会社元男性MR3人 地位確認と減給分の差額求め労働審判 降格減給は不当
アーカイブ | RSS |

製薬会社元男性MR3人 地位確認と減給分の差額求め労働審判 降格減給は不当

投稿日時: 2017-05-16 17:41:09 (32 ヒット)

以下、引用です。

 製薬会社アストラゼネカ(大阪市)の営業職のMR(医療情報担当者)だった男性社員3人が11日、降格・減給されたうえ、資材管理担当に配置転換されたのは不当だとして、地位確認と減給分の差額支払いを求めて東京地裁に労働審判を申し立てた。

 申立書などによると、山梨理さん(54)ら3人はMRとして22〜31年のキャリアがあったが、1月に降格と減給を言い渡され、配転させられたとしている。山梨さんら2人は遠隔地へ単身赴任せざるを得なかったという。

 山梨さんは東京都内で記者会見し、「パンフレットの管理など1日1時間で終わる仕事しか与えられず、専門知識を生かせない。給料は手取りで3割以上減った」「ひどい目に遭っても愛社精神がある。後輩が同じ目に遭わないよう審判を申し立てた」と話した。

 アストラゼネカの広報担当者は「コメントは控えたい。団体交渉を通じて労働組合には当社の見解を説明している」としている。

(5月11日 毎日新聞)