HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > 栃木の自動車教習所職員自殺はパワハラが原因 遺族が提訴
アーカイブ | RSS |

栃木の自動車教習所職員自殺はパワハラが原因 遺族が提訴

投稿日時: 2017-08-02 19:35:04 (76 ヒット)

以下、引用です。

  栃木県那須塩原市の自動車教習所に勤めていた男性が自殺したのはパワハラが原因として、遺族が、教習所を運営する県交通安全協会と当時の上司らに約8300万円の損害賠償を求めて宇都宮地裁に提訴した。26日、第1回口頭弁論が開かれ、協会側は「パワハラの事実はなかった」として請求棄却を求めた。

 訴状によると、男性は福島県白河市在住で、平成24年から「県西那須野自動車学校」に勤務。27年1月以降、当時の上司らに集中的に叱責されたり、始末書を書かされたりしたという。

 昨年10月には、書類の記載ミスを理由に当時の校長が「おまえみたいなのがいなくても、代わりはいくらでもいる。すぐに辞表を持ってこい」と叱責。男性は今年2月、自宅で自殺し、教習所内で受けたパワハラの内容などを記した同協会宛ての抗議文と家族宛ての遺書が見つかった。

(7月27日 産経新聞)