HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 読売新聞大阪本社と北陸支社 長時間労働で是正勧告
アーカイブ | RSS |

読売新聞大阪本社と北陸支社 長時間労働で是正勧告

投稿日時: 2017-10-25 19:10:56 (396 ヒット)

以下、引用です。

  読売新聞大阪本社(大阪市)と同北陸支社(富山県高岡市)社員に違法な長時間労働をさせたとして、昨年から今年にかけて、労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けていたことがわかった。

 関係者によると、大阪本社は昨年7月、天満労基署(大阪市)から是正勧告を受けた。一部の社員に、労使が協定で定めて労基署に届け出た1カ月の時間外労働の上限を3時間超える83時間の時間外労働をさせたことや、社員と労働契約を結ぶときに労働条件を通知する書面を交付していなかったことが労基法違反にあたると指摘されたという。

 北陸支社は今年4月、営業担当の一部の社員に対し、労使協定で定めた1日の時間外労働の上限を超えて働かせた日があったとして、高岡労基署(高岡市)から是正勧告を受けた。

 読売新聞グループ本社広報部は取材に対し、勧告を受けたことを認め、「いずれも再発防止策を講じた上で是正報告書を提出し、受理されている」と回答した。対象となった社員数や職種などは答えなかった。

(10月21日 朝日新聞)