HOME  > 新着情報  > 未払い賃金  > 不払い5千万円超に 被害労働者132人 岡山労基署送検
アーカイブ | RSS |

不払い5千万円超に 被害労働者132人 岡山労基署送検

投稿日時: 2017-11-17 18:36:46 (34 ヒット)

以下、引用です。

  岡山労働基準監督署(岡田康浩署長)は螢┘灰轡好謄爛哀襦璽廚鉢螢┘灰轡好謄爛灰潺絅縫院璽轡腑鵐此覆箸發鵬山県岡山市)および両社の代表取締役を最低賃金法第4条1項(最低賃金の効力)違反の疑いで岡山地検に書類送検した。両社は計132人の労働者に対し、昨年11月から12月29日までの賃金を一切支払わなかった。不払い総額は5243万1218円と高額に上る。

 労働者から今年1月6日に申告があったことから、同労基署が是正指導した。しかし、代表取締役は「経営悪化により支払えない」と答え、改善がみられないため送検に至った。

(11月14日 労働新聞)