HOME  > お知らせ  > TOP  > マイカー通勤の非課税枠見直し 平成24年1月1日以降支給分から
アーカイブ | RSS |

マイカー通勤の非課税枠見直し 平成24年1月1日以降支給分から

投稿日時: 2011-08-11 19:29:49 (17418 ヒット)

平成23年度の税制改正で、マイカー通勤に対する非課税枠が見直しとなりました。

平成23年12月31日までは
会社が支給する通勤手当てで、片道15km以上のマイカー通勤をしている場合には、公共交通機関を利用した場合の1ヵ月分の費用(一般的に1ヵ月分定期券相当額)までの範囲で金額を支給した場合、所得税はかかりませんでした。(上限10万円まで)

回の改正により、マイカー通勤をしている場合は、現行の通勤定期券相当分の非課税枠は適用されない事となり、下記の金額までが非課税となる範囲となります。

平成24年1月1日以降〜(通勤手当が適用となります)

距離 金額
片道10キロ未満 月額4,100円まで
片道10キロ以上15キロ未満 月額6,500円まで
片道15キロ以上25キロ未満 月額11,300円まで
片道25キロ以上35キロ未満 月額16,100円まで
片道35キロ以上45キロ未満 月額20,900円まで
片道45キロ以上 月額24,500円まで

通勤距離により非課税となる範囲が異なります。年内に通勤交通費の支給ルールを確認するようにして下さい。

平成23年度の税制改正のあらましは
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/h23aramashi.pdf