HOME  > 雑記帳  > 社労士のうんちく  > 労災申請「心の病」うつ病が2割増 6月15日労務ニュース

労災申請「心の病」うつ病が2割増 6月15日労務ニュース

カテゴリ : 
社労士のうんちく
執筆 : 
2010-6-17 18:20

労災申請「心の病」が2割増 昨年度1000人超す、認定は減少について!

最近は、心の病「うつ病」というのが多いですね

このニュースは、業務と因果関係がある労災の「うつ病」ですが、

それ以外にも私的な理由で「うつ病」になってしまう方が多いです。ストレス社会ですからね・・・

心の病というのは、外見からもわからなく、徐々に積ってきてというパターンが多いと思います。

会社は、従業員が突如 「うつ病と診断され、休職したい」と報告を受けることがあります。

突然のことなので、困惑します。

  • どのように対応したら良いのか?
  • いつまで会社は、その従業員を待てば良いのか?(心の病なので時間を計ることができません。)

等々、様々な悩みがでてきます。実際、こういった悩み相談は多いです。

その時、出番が「就業規則」です。休職者の扱いを就業規則に規定している必要があります。
(規定していない会社多いです。)

・・・とはいえ、事前にそういった心の病「うつ病」者をださいない為にも

毎年1回、『体の健康診断』と併せて、『心の健康診断』を実施したら、予防措置になると思います。

当事務所では、誰でも簡単にわかる『心の健康診断表』無料で進呈しています。

興味がある方は⇒こちら 

  • 閲覧 (4388)