HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > 長時間労働・パワハラ 勤務医師自殺 二審は1億円賠償命令 兵庫公立病院
アーカイブ | RSS |

長時間労働・パワハラ 勤務医師自殺 二審は1億円賠償命令 兵庫公立病院

投稿日時: 2015-03-19 18:55:59 (759 ヒット)

以下、引用です。

 兵庫県養父市の公立八鹿病院の男性勤務医(当時34)が自殺したのは、長時間労働と上司の医師のパワーハラスメントが原因だとして、鳥取県に住む両親が病院側に約1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁松江支部(塚本伊平裁判長)は18日、運営する病院組合と医師2人に計約8千万円の支払いを命じた一審の鳥取地裁米子支部判決を変更、組合に約1億円の支払いを命じた。医師への請求は棄却した。

 昨年5月の一審判決によると、男性医師は2007年10月から整形外科医として勤務したが、うつ病となり、同年12月に自殺。時間外労働は週平均40〜50時間に上った。

(3月18日 共同通信)