HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > 神戸大元教授(女性)抑うつ状態 元教授(男性)のパワハラ認定 大学に賠償命じる
アーカイブ | RSS |

神戸大元教授(女性)抑うつ状態 元教授(男性)のパワハラ認定 大学に賠償命じる

投稿日時: 2015-06-13 21:14:17 (737 ヒット)

以下、引用です。
 
  神戸大の元教授の女性が抑うつ状態になったのは、上司だった男性の元教授からのパワーハラスメントが原因だとして、女性が元上司と神戸大に計1600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁は12日、元上司のパワハラ行為を認定し、神戸大に80万円の支払いを命じた。

 遠藤浩太郎裁判官は「元上司は権限を利用して女性に屈辱的発言、嫌がらせを繰り返した」と指摘した。公務員としての行為で個人的な賠償責任は負わないとし、元上司への請求は棄却した。

(6月12日 共同通信)