HOME  > 新着情報  > 会社を訴えるニュース  > 男女別賃金は違法 会社に支払い命令 名古屋高裁
アーカイブ | RSS |

男女別賃金は違法 会社に支払い命令 名古屋高裁

投稿日時: 2016-05-10 18:28:37 (564 ヒット)

以下、引用です。

  男女別の賃金制度は労働基準法などに違反するとして、富山市の本間啓子さん(64)が勤務していた機械設備メーカー「東和工業」(金沢市)に賃金の差額分など約2290万円の支払いを求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁金沢支部は27日、1審と同様に違法と判断し、同社に約449万円の支払いを命じた。

 内藤裁判長は、退職金の計算方法を見直し、賠償額を1審・金沢地裁判決から約7万2000円増額した。本間さんが主張していた賃金の時効分(2008年10月以前の約6年間)などの支払いは認めなかった。

 判決後、本間さんは「裁判で会社の男女差別を明らかにできた。成果はあった」と話した。

(4月27日 毎日新聞)