HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > 西濃運輸 長時間労働やパワハラでうつ病 元社員と和解
アーカイブ | RSS |

西濃運輸 長時間労働やパワハラでうつ病 元社員と和解

投稿日時: 2017-02-13 19:18:36 (538 ヒット)

以下、引用です。

  物流大手「西濃運輸」(本社・岐阜県)の元従業員の男性(51)が、長時間労働やパワーハラスメントでうつ病になったとして、同社と上司2人に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟が10日、大阪地裁で和解した。会社側が責任を認めて謝罪し、解決金2600万円を支払うという。

訴状や和解条項などによると、男性は大阪府の西濃運輸摂津支店で、2007年から長距離輸送のトラック運転手として勤務。時間外の労働時間は11年6月までの1年間で月平均約120時間に上り、190時間の時もあった。

男性は11年6月、三重県内の高速道路を走行中、並走していた車から「当て逃げされた」と警察に通報された。男性は身に覚えがなく、車体に傷がないことから「事実無根」と否定したが、上司は通報者が得意先だったため、当て逃げを認めて謝罪するよう強要。男性は納得できないまま従ったが、上司はその後も激しく叱責(しっせき)し、反省を促すという理由で3日間の草刈りを命じたこともあったという。

(2月10日 朝日新聞)