HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 労働基準法違反(法定労働時間超過) 運送会社を書類送検 佐世保労基署 
アーカイブ | RSS |

労働基準法違反(法定労働時間超過) 運送会社を書類送検 佐世保労基署 

投稿日時: 2011-02-28 09:16:56 (3211 ヒット)

 佐世保労基署は23日、佐世保市指方町の運送会社「大野運送」と、同社男性取締役(49)統括運行管理者を労働基準法違反容疑(法定労働時間の超過)で地検佐世保支部に書類送検しました。

 容疑は、同社は昨年4月1日から5月11日までの間、労使間で労働時間の延長に合意する協定を結ぶことなく、同社のトラック運転手男性当時(48)に週に40時間、日に8時間を超える時間外労働をさせた疑い。

 社員は5月11日夜、大阪府吹田市の中国自動車道で起きた7台がからむ事故で死亡。労基署は事故と時間外労働による疲労との関連は「不明」としたが「社員は事故前、最長で週に83時間15分、日に20時間56分の労働をさせたとみられ、月350時間を超える労働をしていた」と指摘。

 仮に協定を結んでいたとしても、男性への拘束は国の基準を超え、法外な長時間に及んでいたという。

(2月24日 ニュース)