HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 東日本大震災を口実に解雇 解雇不当と仙台地裁に提訴 ビルメンテナンス会社元社員
アーカイブ | RSS |

東日本大震災を口実に解雇 解雇不当と仙台地裁に提訴 ビルメンテナンス会社元社員

投稿日時: 2011-06-06 08:15:02 (2030 ヒット)

 2日、東日本大震災による経営環境の悪化を口実に解雇されたのは不当として、仙台市青葉区のビルメンテナンス会社「東北ダイケン」の元社員の女性(59)が、慰謝料・賃金など約720万円の支払いを求めて仙台地裁に提訴。

 訴状によると、女性は5月10日、震災で経営環境が厳しくなったとの理由が記された退職勧奨通知を受け、その後解雇通知書でも「解約が相次いだため人員削減が必要」として、同31日で解雇された。

 しかし、同社は多くの仕事現場を抱えており、役員報酬の見直しなど解雇者を出さない努力をしていないと主張。

(6月2日 ニュース)