HOME  > 新着情報  > 助成金ニュース  > 雇用調整助成金に対する教育訓練加算下げ 年内にも 平成22年7月時点
アーカイブ | RSS |

雇用調整助成金に対する教育訓練加算下げ 年内にも 平成22年7月時点

投稿日時: 2010-07-20 18:15:21 (2211 ヒット)

 厚生労働省は企業向けに支給する雇用調整助成金のうち、教育訓練加算額を年内にも引き下げる方針を固めた

 現在の支給額(教育訓練の対象者1人当たり)は

  • 大企業⇒1日4千円
  • 中小企業⇒1日6千円

だが、どちらも1,200円減額する。
企業にとって全体の教育訓練費の減額幅は2〜3割以上となる。金融危機で深刻な状況に陥った雇用情勢が持ち直しつつあると判断。雇調金の支給要件の見直しを含め、労働政策を平時に戻す「出口戦略」の検討を本格化させる考えだ。 厚労省は手厚い教育訓練費を出したままでは、介護や福祉など人手が足りない分野への転職が停滞しかねないとみている。 不正受給を防ぐ狙いもある。09年度は91事業所で7億円超の不正受給があった。実際には教育訓練をしていないのに「実施した」と申請する不正が多かった。

(7月20日 日本経済新聞)