HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > JR東日本社員自殺「パワハラ原因」認定後、今度は上司を提訴 新潟地裁
アーカイブ | RSS |

JR東日本社員自殺「パワハラ原因」認定後、今度は上司を提訴 新潟地裁

投稿日時: 2012-02-15 19:29:42 (7290 ヒット)

以下、引用です。

 JR東日本新潟支社酒田運輸区の副区長だった男性(当時51)が自殺したのはパワーハラスメント(職権を背景とした嫌がらせ)が原因などとして、男性の妻が14日、酒田運輸区長だった社員を相手に、1000万円の損害賠償を求める訴訟を新潟地裁に起こした。

 訴えによると、男性は2007年10月に酒田運輸区副区長になったが、区長に「役立たず」などと言われ、男性を責める内容のメールも届くようになった。男性は09年2月、新潟市の実家で自殺。前日夜、酒に酔いメールを送ってきた区長に対し、「うつ状態になり、会社を辞める方向です」と返信していた。

 09年6月、男性の妻は調査を申し立てたが、同支社はパワハラはなかったと回答。男性の妻は同年10月、庄内労働基準監督署に労災申請したが認められなかった。しかし、厚生労働省労働保険審査会が昨年11月、労災と認める裁決をした。

(2月14日 ニュース)