HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 労働者が申し出れば、期間を区切らない無期雇用へ転換 制度改正案を諮問
アーカイブ | RSS |

労働者が申し出れば、期間を区切らない無期雇用へ転換 制度改正案を諮問

投稿日時: 2012-03-01 18:21:08 (1453 ヒット)

以下、引用です。

 厚労相は29日、契約社員や派遣社員など有期雇用に関する制度改正案について、労働政策審議会へ諮問した。期間を定めた有期雇用の契約通算期間が5年を超えた場合、労働者が申し出れば、期間を区切らない無期雇用へ転換できるようにするのが柱。

 厚労省は3月5日に答申を受け、通常国会に労働契約法改正案を提出する予定。2013年春ごろの施行を目指す。

(2月29日 ニュース)