HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > ソニー労働基準法違反  就業規則の変更で2度の是正勧告
アーカイブ | RSS |

ソニー労働基準法違反  就業規則の変更で2度の是正勧告

投稿日時: 2012-03-28 09:04:32 (1629 ヒット)

以下、引用です。

 ソニー(本社・東京都港区)が再雇用制度を巡る就業規則の変更の際に、必要な手続きを踏んでいなかったなどとして、昨年12月に東京労働局三田労働基準監督署から、労働基準法違反で2度にわたって是正勧告を受けていたことが関係者への取材で分かった。同社は「勧告を受け既に改善した」としている。

 関係者によると、同社は、再雇用制度を導入した際、労働者側と協定を結んで就業規則を変更したが、この際に必要な改めて労働者側の代表を選出する手続きを怠っていたという。また、再雇用についての基準を、いつでも見られる形にしていなかったとして再度、勧告を受けた。いずれも形式的な違反だが、大手企業が2度も是正勧告されるのは異例。 同社広報センターは「十分な手続きをしたと認識していたが、法に照らし、修正すべき点があった」としている。

(3月27日 毎日新聞)