HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > 奈良県立医大女性教授 パワハラ!部下の講師に「資質ない」と退職迫る
アーカイブ | RSS |

奈良県立医大女性教授 パワハラ!部下の講師に「資質ない」と退職迫る

投稿日時: 2012-08-24 18:52:24 (3115 ヒット)

以下、引用です。

 奈良県立医大は23日、医学部看護学科の女性教授(41)が直属の部下にパワーハラスメント(職権による人権侵害)をしたとして、停職1か月の懲戒処分にしたと発表。処分は16日付。

 大学によると、教授は昨年2〜3月、40歳代の女性講師に「資質がない」とメールで退職を迫り、講師の連絡箱に他大学の教員募集の案内を入れるなどのパワハラを計5回繰り返した。

 講師は抑うつ状態となり、昨年2月、大学に相談。大学は翌月、教授と講師の職場を別にしたが、教授はその後も退職を迫るメールを5回送り、文書も1回、講師あてに郵送した。講師は今年3月末に退職した。

 教授は大学の調査に事実関係を認めたが、「パワハラをした認識はない」と話しているという。大学の大西峰夫理事は「誠に遺憾。再発防止に努めたい」と話している。

(8月23日 読売新聞)