HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 業績不良とし、一方的に解雇 解雇無効と賃金支払い等と求め提訴 IBM元社員
アーカイブ | RSS |

業績不良とし、一方的に解雇 解雇無効と賃金支払い等と求め提訴 IBM元社員

投稿日時: 2012-10-16 18:10:55 (1025 ヒット)

以下、引用です。

 具体的理由を示さずに「業績不良」として一方的に解雇したのは不当として、日本IBM(東京都中央区)の元社員3人が15日、解雇無効と賃金支払いなどを求め、東京地裁に提訴。

 訴状や所属労組によると、3人は40〜53歳の男性。7〜9月、突然上司らに呼び出され「業績の低い状態が続き、改善がない」などとして、約1週間後の解雇通知とともに出社禁止を命じられた。自主的に退職の意思を示せば、退職金が加算されると提案された元社員もいるという。

 元社員の1人は記者会見で「あまりに乱暴な方法。業績不良の理由も示されず、ぼうぜんとした」と訴えた。

(10月15日 毎日新聞)