HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 平成25年度雇用保険料率 1.0%で据え置き 
アーカイブ | RSS |

平成25年度雇用保険料率 1.0%で据え置き 

投稿日時: 2012-11-28 19:09:28 (1201 ヒット)

以下、引用です。

 厚労相の諮問機関、労働政策審議会の雇用保険部会は27日、失業手当にあてる2013年度の雇用保険料率を現在と同じ1.0%とすることで合意した。労使がそれぞれ賃金総額の0.5%分ずつ負担する。今後、労政審の審議をへて、厚労相が告示する。

 雇用保険料率は原則1.4%だが、雇用保険の財政状況に応じて1.0%まで引き下げられる。現在は積立金の残高が5兆円を超えているため、下限に据え置く。

 事業主のみが払う、労働者の能力開発や失業予防などの雇用保険2事業の保険料率も、0.35%のままにする。

(11月27日 朝日新聞)