HOME  > 新着情報  > 労働法ニュース  > 組合員狙った不当解雇 賃金支払いなどを求めて 日本IBM元社員4人が提訴
アーカイブ | RSS |

組合員狙った不当解雇 賃金支払いなどを求めて 日本IBM元社員4人が提訴

投稿日時: 2013-09-27 19:50:13 (861 ヒット)

以下、引用です。 

 組合員をねらった不当な解雇だとして、日本IBMの元社員4人が26日、解雇無効と賃金の支払いなどを求めて東京地裁に提訴した。同社は「訴状を見ていないのでコメントできない」(広報)としている。

 訴状などによると、4人はソフトウエア開発などをしていた48〜52歳の元社員。いずれも今年6月28日付で「業績が低く、放置できない」などとして解雇された。4人は全日本金属情報機器労働組合(JMIU)日本IBM支部の組合員。人員削減に反対する組合員に低評価をつけて退職に追いやり、労組の弱体化をねらったと訴えている。

 昨年7月以降、今回の4人を含む組合員26人が解雇通知を受け、退職に追いやられた。すでに6人は解雇無効を訴え提訴している。

 この日は日本IBMの現役社員9人も、一方的な就業規則の変更により最大で年収の15%相当の賃金カットを強いられたとして、減額分の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。

(9月26日 朝日新聞)