HOME  > 新着情報  > セクハラ・パワハラニュース  > パワハラの末に不当解雇 元局長が提訴 愛知県地域FM局長
アーカイブ | RSS |

パワハラの末に不当解雇 元局長が提訴 愛知県地域FM局長

投稿日時: 2014-10-16 19:26:23 (814 ヒット)

以下、引用です。

  パワハラを受けた末に不当解雇されたとして、愛知県犬山市の地域FMラジオ局「愛知北エフエム放送」元局長の男性(51)が15日、同社と社長らを相手取り、地位確認と未払い賃金など計約590万円の支払いを求める訴えを名古屋地裁に起こした。

  訴状などによると、男性は2012年11月、経営不振などを理由に局長から降格され、その後も社長らから、暴言や嫌がらせなどを繰り返し受けるなかで心身症を発症。治療のために昨年4月以降は休職したが、この間の社長の電話やメールに返信しなかったことを理由に、同8月に懲戒解雇されたとしている。

 原告の男性は「できれば職場復帰し、もう一度、市民に愛される局作りに協力したい」と話している。

 ホームページによると、同社は06年7月に開局。同社は「解雇は適正な法手続きに沿って行っている。訴状を確認したうえで対応を検討したい」としている。

(10月16日 YOMIURI ONLINE)