HOME  > 新着情報  > 会社を訴えるニュース  > 40歳銀行員 過労うつが自殺原因 肥後銀に賠償命令
アーカイブ | RSS |

40歳銀行員 過労うつが自殺原因 肥後銀に賠償命令

投稿日時: 2014-10-17 19:45:25 (758 ヒット)

以下、引用です。

  肥後銀行(本店・熊本市)の元行員の男性(当時40)が一昨年に自殺したのは、長時間労働によるうつ病が原因だったとして、遺族が銀行に計約1億7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、熊本地裁であった。中村心裁判長は、長時間労働と自殺の因果関係を認め、銀行に計約1億2890万円の支払いを命じた。

 銀行側は当初、過重労働を認めずに自殺との因果関係も否定していたが、今年4月に主張を撤回し、「長時間の過重な労働によりうつ病を発症し、自殺した」と認めた。

 判決によると、男性は一昨年7月以降、社内のシステム更改業務の責任者として、月に100時間を超える時間外労働を強いられた。同年10月18日、本店7階から飛び降りて自殺。直前1カ月間の時間外労働は209時間を超えており、熊本労働基準監督署は10月上旬、男性はうつ病を発症していたと認定した。

 また、熊本簡裁は昨年12月、銀行側が男性に対し、96〜142時間の時間外労働をさせたとして、労働基準法違反の罪で罰金20万円の略式命令を出している。

(10月17日 朝日新聞)