HOME  > 新着情報  > 社会保険ニュース  > 障害年金支給要件 官民格差(共済と国民・厚生年金) 公務員は自己申告で認定
アーカイブ | RSS |

障害年金支給要件 官民格差(共済と国民・厚生年金) 公務員は自己申告で認定

投稿日時: 2015-03-18 19:40:29 (796 ヒット)

以下、引用です。

 病気やけがで一定の障害のある人が受け取れる国の障害年金で、支給の条件に官民で格差があることが16日、分かった。自営業者らの国民年金と会社員向けの厚生年金では、障害のもとになった傷病で初めて医療機関にかかった「初診日」がいつかを証明できなければ不支給となる。だが、共済年金に加入する国家公務員と一部の地方公務員は、本人の申告だけで支給が認められていた。

 こうした不公平な官民格差は関係省令の違いが原因で、半世紀以上続いてきたとみられる。民間も公務員と同じ取り扱いであれば、より多くの人が障害年金を受け取れていた可能性がある。

(3月16日 共同通信)