HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 病院側、改めて「降格必要性あった」と主張 マタハラ訴訟差し戻し審 広島高裁
アーカイブ | RSS |

病院側、改めて「降格必要性あった」と主張 マタハラ訴訟差し戻し審 広島高裁

投稿日時: 2015-03-17 20:47:10 (920 ヒット)

以下、引用です。

 広島市の病院に勤務していた理学療法士の女性が、妊娠後に降格されたのは男女雇用機会均等法に反し違法として、病院側に損害賠償などを求めた訴訟の差し戻し控訴審第1回口頭弁論が13日、広島高裁(野々上友之裁判長)で開かれ、病院側は「降格は業務上の必要性があった」などと述べ、あらためて争う姿勢を示した。

 最高裁が昨年10月、「妊娠による降格は原則禁止で、女性が自由意思で承諾しているか、業務上の必要性など特段の事情がなければ違法で無効」と判断。女性敗訴とした二審判決は「審理が不十分だ」として、差し戻していた。

(3月13日 共同通信)