HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 障害者雇用、5年連続過去最高を更新 1000人未満の企業では伸び悩み
アーカイブ | RSS |

障害者雇用、5年連続過去最高を更新 1000人未満の企業では伸び悩み

投稿日時: 2010-11-01 08:31:52 (1519 ヒット)

 厚労省は29日、障害者雇用が義務付けられている従業員56人以上の企業の障害者雇用率が、今年6月1日時点で前年比0・05ポイント増の1・68%と、5年連続で過去最高を更新したと発表。

 企業規模別でみると、千人以上の大企業の平均雇用率は前年比0・07ポイント増の1・90%で、各企業に課せられている法定の1・8%を2年連続で上回った。100人以上300人未満の平均が1・42%にとどまるなど、千人未満の企業では伸び悩みが見られる。民間企業全体で法定雇用率を達成した割合は47・0%だった。

 厚労省は「大企業が障害者の雇用をけん引する傾向が10年近く続いている」としている。

(10月29日 共同通信)