HOME  > 新着情報  > 派遣関連ニュース  > 大手家電量販店エディオン立ち入り検査 納入業者に従業員派遣強要の疑い
アーカイブ | RSS |

大手家電量販店エディオン立ち入り検査 納入業者に従業員派遣強要の疑い

投稿日時: 2010-11-17 19:53:03 (2009 ヒット)

 「デオデオ」や「エイデン」などの家電量販店を展開する業界大手のエディオン(大阪市)が、商品の納入業者に従業員を派遣させ、陳列や店頭販売などの業務を強要していたとして、公正取引委員会は16日、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで、本社と名古屋市や広島市の店舗など計約20カ所を一斉に立ち入り検査した。

 関係者によると、同社は2008年から、メーカーや卸業者から従業員を派遣させ、人件費を払わずに新規開店や改装時に商品の陳列を手伝わせたり、他社商品の販売業務に当たらせたりした疑いが持たれている。セールの際、納入商品の値引きを業者に強要していた疑いもある。

 家電量販店大手をめぐっては、納入業者から延べ約16万6000人を不当に派遣させたとして、公取委が08年、最大手のヤマダ電機に排除措置命令を出している。

(11月17日 SankeiBiz)