HOME  > 新着情報  > 労災ニュース  > 関西電力 高浜原発の審査対応課長が過労自殺 労災認定 福井
アーカイブ | RSS |

関西電力 高浜原発の審査対応課長が過労自殺 労災認定 福井

投稿日時: 2016-10-24 19:37:40 (2208 ヒット)

以下、引用です。

  関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の運転期間延長に向け、原子力規制委員会の審査対応に当たっていた関電の40代の男性課長が4月に自殺し、敦賀労働基準監督署(同県敦賀市)が労災認定していたことが20日、関係者への取材で分かった。残業は月約200時間に上り、過労で自殺したとみられる。

  関係者によると、男性は設備や機器の詳細設計を示した「工事計画」の審査対応を担当。今年1月から労働時間が増え、2月の残業は約200時間に及んだとみられる。4月中旬に出張先の東京のホテルで自殺した。

  運転開始から40年を超えた高浜1、2号機は、7月7日までに審査に合格しなければ廃炉になる可能性があった。規制委は6月20日、20年間の運転延長を認可。関電は2019年以降の再稼働を目指し、安全対策工事を進めている。

(10月20日 JIJI.COM)