HOME  > 新着情報  > 法改正・改正案ニュース  > 求人詐欺の企業に罰則 2017年に改正法案を提出 厚労省
アーカイブ | RSS |

求人詐欺の企業に罰則 2017年に改正法案を提出 厚労省

投稿日時: 2016-12-09 18:53:10 (598 ヒット)

以下、引用です。

  労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の労働力需給制度部会は7日、賃金などの労働条件を偽ってハローワークや職業紹介事業者に求人を出した企業に対し、罰則を科すことを盛り込んだ報告書をまとめた。中小企業で人手不足が深刻化する中、労働環境の劣悪な「ブラック企業」が賃金、待遇を実際よりも良く見せかけ、人手を確保する「求人詐欺」を抑制する。

  厚労省は報告書を踏まえ、職業安定法の改正案を2017年の通常国会に提出する。既に職業紹介事業者が虚偽の条件で仕事をあっせんした場合などは、「6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金」を科されている。ハローワークなどを通じて採用する企業への罰則は今後、詰める。

(12月7日 時事ドットコム)