HOME  > 新着情報  > 派遣関連ニュース  > 「派遣再契約の期待を侵害したのは違法」積水ハウスに賠償命令 大阪地裁
アーカイブ | RSS |

「派遣再契約の期待を侵害したのは違法」積水ハウスに賠償命令 大阪地裁

投稿日時: 2011-01-31 09:08:22 (1284 ヒット)

 大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市)が業務を「偽装」した派遣契約で3年8カ月雇用した上、再契約に応じないのは違法として、元派遣社員の女性=大阪府=が同社などに100万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決が26日、大阪地裁であった。

 中村哲裁判長は「再契約の期待を侵害したのは違法」として、同社に30万円の支払いを命じた。

 一方、女性側が「実態は一般業務なのに、期間に制限のない専門業務を装い派遣契約を続けた」と主張したが、判決は「女性の仕事は専門業務から外れるとまで解することはできない」と指摘

「偽装派遣」との主張を退けた。

(1月27日 産経新聞)