HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 東日本大震災影響 内定取り消し123人 半数は東京企業 ハローワークまとめ
アーカイブ | RSS |

東日本大震災影響 内定取り消し123人 半数は東京企業 ハローワークまとめ

投稿日時: 2011-04-05 21:41:02 (1332 ヒット)

 厚労省は1日、全国のハローワークに事業主から寄せられた取り消し通知をまとめたもので、今月入社予定だった新卒者のうち、東日本大震災の影響により内定が取り消された人が、3月31日までに20事業所の123人に上ったと発表。被災地を中心に通知が遅れている会社も多いと見られ、今後、大量の取り消しが表面化しそうだ。

 内定を取り消された人が最も多いのは

  1. 東京都内の事業所に入社予定 63人
  2. 岩手県 24人
  3. 宮城県 13人
  4. 福島県 7人

全体のうち高校生は71人、大学生や院生、短大生らは52人。入社時期を繰り下げるのは38事業所で、対象者は693人。東京都内が385人で半数以上を占める。

 厚労省と文部科学省は経営者団体に、内定を取り消さないよう要請している。25日までに全国でハローワークに寄せられた採用に関する288事業所からの相談のうち、ハローワークの指導で内定取り消しを撤回したのは35事業所あった。

(4月1日 ニュース)