HOME  > 新着情報  > 労災ニュース  > 外国人実習生死亡で過労死認定! 金属加工会社を書類送検 茨城・鹿嶋労基署
アーカイブ | RSS |

外国人実習生死亡で過労死認定! 金属加工会社を書類送検 茨城・鹿嶋労基署

投稿日時: 2010-07-05 08:40:39 (1759 ヒット)

 外国人研修制度で来日し技能実習生として茨城県潮来市の金属加工会社「フジ電化工業」で働いていた中国人男性、当時(31)が死亡したのは、長時間労働などによる過労死だったとして、鹿嶋労働基準監督署(同県鹿嶋市)が労災を認定する方針を固めたことが2日、分かった。外国人研修生問題弁護士会によると、外国人実習生の過労死が認定されるのは全国で初めて。

 同労基署は同日、労働基準法違反容疑で同社と男性社長(66)を書類送検した。同労基署によると、

同社は2008年3月1日〜5月31日

  • 中国人男性に1月最大98時間の残業をさせた
  • 他の2人の外国人実習生も含め、1時間当たり400円の手当しか支払わなかった
  • 虚偽の退勤時刻が記録されたタイムカードと賃金台帳を作成した
  • 実際の時刻が記録された台帳などはシュレッダーで廃棄していた

 中国人男性は05年12月、「外国人研修・技能実習制度」で来日。同社でメッキ処理などに従事していたが、08年6月、寮で心不全になり死亡した。

 男性の代理人で同弁護士会共同代表の指宿昭一弁護士は、「これは氷山の一角。外国人実習生の問題を象徴しており、二度と繰り返さないために実態が明らかになったことはよかった」と話した。

(7月2日 時事ドットコム)