HOME  > 新着情報  > 社会保険ニュース  > 国民年金保険料納付 2年分前払いで4%割引案 早ければ平成24年実施
アーカイブ | RSS |

国民年金保険料納付 2年分前払いで4%割引案 早ければ平成24年実施

投稿日時: 2012-02-07 20:48:36 (1590 ヒット)

以下、引用です。

 厚労省は6日、国民年金保険料を2年分前払いすれば、保険料を4・0%割り引く案を社会保障審議会年金部会に示した。国民年金保険料の納付率を引き上げ、将来無年金となる人を減らすのが狙い。法改正の必要はなく、早ければ平成24年度から実施する。

 現在の国民年金保険料の前納制度は1カ月、6カ月、1年の3種類で、割引率はそれぞれ0・3%、1・1%、2・1%。23年度の保険料(月額1万5020円)で試算した場合、1年分の17万6460円を前払いしても割引額は3780円にとどまる。

 新たに前払いを2年分まで拡大すると、34万6140円を一括納付しなければならないが、割引額は1万4340円にアップする。

 前納制度の拡充に乗り出したのは、現在25年の受給資格期間を10年に短縮するなど社会保障と税の一体改革で無年金者の縮減策を打ち出したことが大きい。

 国民年金保険料納付率は5年連続で低下しており、22年度は制度開始以来最低の59・3%だった。20代前半が49・2%、20代後半が46・6%−と若い世代ほど納付率が低いのが特徴。厚労省は割引制度拡充による納付率アップを期待するが、雇用悪化を受け、保険料を払いたくても払えない若年層も少なくなく、効果は限定的とみられている。

(2月6日 ニュース)