HOME  > 新着情報  > 労災ニュース  > 公務災害認定 パワハラ(上司の大声で高圧的に叱責)でうつ病、自殺 最高裁
アーカイブ | RSS |

公務災害認定 パワハラ(上司の大声で高圧的に叱責)でうつ病、自殺 最高裁

投稿日時: 2012-02-23 20:46:21 (2378 ヒット)

以下、引用です。

 愛知県豊川市の課長だった男性(当時55)がうつ病になり自殺したのは上司のパワハラが原因だとして、男性の妻が地方公務員災害補償基金に公務災害と認めるよう求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は22日付で、同基金側の上告を棄却する決定をした。請求を棄却した一審判決を取り消し、公務災害を認定した二審判決が確定。

 一審名古屋地裁は「公務とうつ病の発症に因果関係は認められない」として訴えを退けたが、二審名古屋高裁は、上司の部長が大声を出して高圧的に叱責していたことを「パワハラに当たる」と認定。この上司の下で働くことはうつ病を発症させる大きな要因だったとして、因果関係を認めていた。

(2月22日 ニュース)