HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 大阪市役所内からの退去通告は不当労働行為 職員労組が大阪府労働委員会に申し立て
アーカイブ | RSS |

大阪市役所内からの退去通告は不当労働行為 職員労組が大阪府労働委員会に申し立て

投稿日時: 2012-03-19 20:47:36 (1405 ヒット)

以下、引用です。

 大阪市が、市役所内に事務所を置く職員労働組合に退去を通告したことなどは不当労働行為に当たるとして、市労働組合連合会(市労連)は16日、大阪府労働委員会に救済を申し立てた。退去通告の撤回などを求めている。

 職員組合をめぐっては、昨年12月に交通局職員による勤務時間中の組合活動が発覚し、橋下徹市長が「組合には市役所の建物から出て行ってもらう」と発言していた。

(3月16日 時事通信より)