HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 未払い・不払い残業代146億円 厚労省まとめ 平成23年度
アーカイブ | RSS |

未払い・不払い残業代146億円 厚労省まとめ 平成23年度

投稿日時: 2012-10-17 19:44:43 (1075 ヒット)

以下、引用です。

 労働基準監督署の是正指導を受け、平成23年度に100万円以上の不払い残業代を支払った企業は前年度より74社少ない1312社で、支払った残業代の総額は約146億円(前年度比約22億8000万円増)に上ったことが16日、厚生労働省のまとめで分かった。

 サービス残業は3年ぶりに増加した前年度に続いて増加傾向だが、企業数が減ったことについて、厚労省は「グループ会社の多い大企業を積極的に指導したため」としている。1社での最高支払額は約26億8800万円(建設業)だった。

 厚労省によると、23年度に不払い残業代の支払いを受けた労働者は約11万7000人。1人当たりの受け取り平均額は12万円で、1社当たりで支払った平均額は約1100万円。

業種別では
・商業が342社(支払額計約32億9000万円)
・製造業が321社(同約22億8000万円)
・病院などの保健衛生業が107社(同約11億円)

だった。

(10月16日 SankeiBiz)