HOME  > 新着情報  > 労災ニュース  > 自治体(宮崎県新富町)職員過労自殺訴訟 8千万円で和解 自治体初
アーカイブ | RSS |

自治体(宮崎県新富町)職員過労自殺訴訟 8千万円で和解 自治体初

投稿日時: 2012-10-29 00:25:28 (1655 ヒット)

 

以下、引用です。

 宮崎県新富町の職員松本美香さん(当時28)が自殺したのは、長時間労働を強いられたのが原因として、両親が町に約9300万円の損害賠償を求めた訴訟は24日、町が8千万円を支払うことなどを条件に宮崎地裁で和解した。

 過労死弁護団全国連絡会議(東京)によると、自治体一般職員の過労自殺をめぐり、自治体に賠償を求めた訴訟が和解したのは全国初という。

 原告側弁護団によると、町が和解金を支払うほか、再発防止策を取ることも和解の条件に含まれている。

(10月24日 共同通信)