HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 若者の3年以内離職率 学習塾・飲食業で半数、医療・福祉も4割 厚労省調査
アーカイブ | RSS |

若者の3年以内離職率 学習塾・飲食業で半数、医療・福祉も4割 厚労省調査

投稿日時: 2012-11-01 13:55:22 (1075 ヒット)

以下、引用です。

 厚労省は31日、若者が入社してから3年以内に辞める離職率を、業種別や規模別に初めて公表した。2009年3月に大学を卒業して就職した43万人のうち、28.8%にあたる12万人が3年以内に辞めていた。

 業種別では、学習塾など教育・学習支援や宿泊・飲食サービスで、半数近くが辞めていた。政府が雇用の受け皿として力を入れている医療・福祉も離職率が4割に迫った。いずれも、長時間労働や賃金が低いといった理由があるとみられる。一方、電気・ガス・水道や製造では離職率が平均を大きく下回った。

(10月31日 朝日新聞)