HOME  > 新着情報  > 社会保険ニュース  > 老齢年金減額法案も成立の公算 平成25年10月から3段階
アーカイブ | RSS |

老齢年金減額法案も成立の公算 平成25年10月から3段階

投稿日時: 2012-11-09 13:07:20 (1158 ヒット)

以下、引用です。

 本来より2・5%高くなっている特例水準の年金を減額する国民年金法改正案は8日、今国会で成立する公算となった。民主、自民、公明3党が大筋で合意した。来年10月分から3段階で引き下げる方向だ。低所得の年金受給者に現金を支払う「年金生活者支援給付金法案」も同様に成立する見込み。

 年金関連2法案は14日の衆院厚生労働委員会、15日の衆院本会議でそれぞれ可決され、11月下旬の参院本会議で成立する運びだ。

 民主党は8日、引き下げのスケジュールについて、

◆2013年10月分から1%

◆2014年4月分から1%

◆2014年10月分から0・5%

を減額する修正案を自民、公明両党に提示。両党は受け入れる方向だ。

(11月8日 共同通信)