HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 胆管がん発症の印刷会社 産業医を10年以上未選任 大阪労働局裏付けへ
アーカイブ | RSS |

胆管がん発症の印刷会社 産業医を10年以上未選任 大阪労働局裏付けへ

投稿日時: 2013-04-04 18:27:49 (915 ヒット)

以下、引用です。

 従業員らに胆管がんの発症が相次ぎ、労働安全衛生法違反の疑いで家宅捜索を受けた大阪市の校正印刷会社「サンヨー・シーワィピー」が、法律で定められた産業医を10年以上にわたり選任していなかったことが2日、分かった。

 大阪労働局は同日午後、本社の家宅捜索を終え、関係書類などを押収。同社が安全管理の責務を長期間放置したことが被害拡大につながったとみて裏付ける方針。

 労働安全衛生法は、労働者の安全と健康の確保を目的とし事業者の責務を明記。同社は社員50人以上の製造業に該当し、衛生管理者、安全管理者、産業医を選任、安全衛生委員会を設置することが義務付けられている。

(4月2日 共同通信)