HOME  > 新着情報  > 労災ニュース  > 過労自殺 「月423時間超」 安全配慮義務怠った 肥後銀行元社員遺族が提訴
アーカイブ | RSS |

過労自殺 「月423時間超」 安全配慮義務怠った 肥後銀行元社員遺族が提訴

投稿日時: 2013-06-13 09:17:28 (1400 ヒット)

以下、引用です。

 肥後銀行(熊本市)に勤務していた男性(当時40)がうつ状態になり自殺したのは、銀行が安全配慮義務を怠り長時間労働をさせていたためとして、遺族が12日、銀行に約1億7千万円の損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こした。

 訴状によると、男性は2009年4月から本店に勤務し、為替システムを更改する業務の責任者だったが、12年7月以降、労働時間が増加。10月にうつ病となり、銀行本店7階から投身自殺した。

 遺族の代理人弁護士によると、自殺前の1カ月間の労働時間は423時間を超えていた。今年3月、遺族の申請により労災認定された。

(6月12日 共同通信)