HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 企業年金減額へ 社員にも一定負担求める セイコーエプソン
アーカイブ | RSS |

企業年金減額へ 社員にも一定負担求める セイコーエプソン

投稿日時: 2013-11-13 18:27:35 (1023 ヒット)

以下、引用です。

 プリンターなどを製造するセイコーエプソン(長野県諏訪市)が、現役社員の企業年金の受給額を30%引き下げる方向で労働組合と交渉に入ったことが12日、分かった。長期金利の低下で運用益が不足し、その穴埋めが業績を圧迫しているため、社員にも一定の負担を求める。

 既に退職した年金受給者や、受給を待っているOBについても8%程度の減額を目指す。3分の2以上の同意が得られれば厚生労働省に申請して2014年4月から実施。20年度までに総額200億円のコスト削減につなげる。

(11月12日 共同通信)