HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 守秘義務違反で米HP 前CEO提訴 
アーカイブ | RSS |

守秘義務違反で米HP 前CEO提訴 

投稿日時: 2010-09-09 09:00:02 (1986 ヒット)

 7日米ヒューレット・パッカード(HP)は、米オラクルの共同社長に就いたHPの前最高経営責任者(CEO)マーク・ハード氏に対して、守秘義務違反に当たるとして就任の差し止めなどを求めて、米カリフォルニア州の裁判所に提訴した。

 訴状でHPは、ハード氏は数百万ドル(数億円)を受け取るのと引き換えにHPと守秘義務契約を結んでいることを明らかにした。HPは、ハード氏が守秘義務契約に違反せずにサーバー事業などでライバル関係にあるオラクルの経営トップの業務を遂行するのは不可能だと主張。

 オラクルは6日にハード氏の共同社長への就任を発表した。ハード氏は社内でのセクハラ行為をめぐる調査に絡んで先月HPのCEOを辞任していました。

(9月8日 日本経済新聞)


規模が大きいですが、日本の労働基準法では「競業の禁止」に当てはまるのではないでしょうか。

守秘義務だけではなく、同業種に就くことの禁止等も、対策として会社は「退職時の誓約書」を書かせています。

それが退職後、守られているか否かはわかりません。

しかし何か起こってからでは遅いので、退職時にこういった「退職時の誓約書」を取っておくべきでしょう。

当事務所では、お問い合わせ頂いた方に無料で「退職時の誓約書」(解説付き)をプレゼントしています。

お問い合わせは⇒こちら


この記事に関連した記事