HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 東京メトロ有期雇用売店員 格差「賃金・賞与等に差別」是正求め提訴へ
アーカイブ | RSS |

東京メトロ有期雇用売店員 格差「賃金・賞与等に差別」是正求め提訴へ

投稿日時: 2014-05-07 18:45:52 (848 ヒット)

以下、引用です。

 東京メトロの売店で働く有期雇用の社員ら4人が、正社員との間に不合理な賃金差別があったとして、東京メトロの子会社を相手取り、約4200万円の損害賠償を求める裁判を5月1日に東京地裁に起こす。有期雇用の社員への差別を禁じる労働契約法20条による全国初の裁判になるという。

 原告らが30日会見して明らかにした。2013年4月に施行された労働契約法20条は、仕事の内容や責任が同じなのに、有期雇用で働く人の労働条件を正社員などと差別することを禁じている。

 訴状などによると、東京メトロの100%子会社であるメトロコマースと1年契約を繰り返して雇用されている原告は、接客や売上金の計算、商品の発注など正社員と同じ仕事をしているのに、1月当たりの賃金や賞与が少なく、退職金はなかったという。

(4月30日 朝日新聞)