HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 教員免許に必要な単位不足 確認せず採用 県教委 小学校の元男性教諭
アーカイブ | RSS |

教員免許に必要な単位不足 確認せず採用 県教委 小学校の元男性教諭

投稿日時: 2014-05-07 19:01:34 (928 ヒット)

以下、引用です。

 県教育委員会は三十日、小学校の教員として本年度に採用した男性(26)について、教員免許の取得に必要な大学の単位の大半を取得していないのに、取得の有無を確認しないまま採用していた、と発表した。

 男性は今年四月から県南部の市立小学校に赴任して四年生を担任していたが、既に採用を取り消されている。県教委は「単位を取得したという男性の話をうのみにして採用してしまった。申し訳ない」と謝罪した。

 県教委によると、男性は昨年度に行われた採用試験に合格。県教委は免許状交付のため今年三月、卒業大学が発行する単位取得証明書の提出を求めたが、男性が「大学が代理で提出する」と説明したのを受け、交付を留保した上で小学校に赴任させた。しかし、その後も提出されなかったため、二十三日付で採用を取り消した。

 三十日に大学に確認したところ、必要な四十五単位のうち少なくとも二十四単位の不足が判明したという。

(5月1日 東京新聞)