HOME  > 新着情報  > 未払い賃金  > たかの友梨 エステティシャンらの残業代勝手に減額 是正勧告 仙台労基署
アーカイブ | RSS |

たかの友梨 エステティシャンらの残業代勝手に減額 是正勧告 仙台労基署

投稿日時: 2014-08-23 11:49:08 (1778 ヒット)

以下、引用です。

 美容サロン「たかの友梨ビューティクリニック」の仙台店が、エステティシャンらの残業代を勝手に減額したなどとして、仙台労働基準監督署から是正勧告を受 けていたことが22日分かった。勧告は5日付。弁護団の太田伸二弁護士は「仙台だけでなく、全国の店でも同様の事例がある」と全社的に労働環境の改善を求 める考えだ。

 弁護団によると、仙台店では、従業員が有給休暇を取得すると、残業代から有給分を無断で差し引いて支給していた。また、給与から社会保険料などを天引き する制度を導入する際は、従業員が選んだ代表者と協定を交わす必要があるのに、本人の承諾を得ずに店側が選んだ従業員と協定を結んでいた。仙台店のエステティシャンら女性4人(うち2人は退職)が6月に仙台労基署に申告していた。 

(8月22日 時事通信)