HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 日本航空 労組ストライキ権に介入として不当労働行為認定 東京地裁
アーカイブ | RSS |

日本航空 労組ストライキ権に介入として不当労働行為認定 東京地裁

投稿日時: 2014-08-29 19:35:23 (838 ヒット)

以下、引用です。

   28日、日本航空労働組合のストライキ権確立に介入したと認定され、東京都労働委員会から不当労働行為救済命令を受けたのを不服として、都に取り消しを求めた訴訟の判決が東京地裁あり、古久保正人裁判長は「命令に違法はない」として、日航の訴えを退けた。

問題となったのは、経営破綻した日航が再建中の2010年11月、管財人を務めていた企業再生支援機構の幹部が一部労組との折衝中に行った発言で、スト権確立に向けて実施中だった組合員投票について「スト権が撤回されるまで、(機構は)日航に出資できない」とした。

都労委は11年7月、「発言は組合員に威嚇的効果を与え、組合の組織運営に影響を及ぼすものだ」と指摘し、救済命令を出した。判決も「発言は組合への支配介入に当たる」と認定した。

(8月28日 時事ドットコム)