HOME  > 新着情報  > その他ニュース  > 日産 営業秘密を不正取得した元社員 在宅起訴へ 横浜地検
アーカイブ | RSS |

日産 営業秘密を不正取得した元社員 在宅起訴へ 横浜地検

投稿日時: 2014-11-03 21:57:25 (1174 ヒット)

以下、引用です。

  横浜地検は、勤務していた日産自動車から乗用車のデータを不正に入手したとして、不正競争防止法違反(営業秘密領得)罪で、22日、岡村賢一元社員(37)を在宅起訴した。岡村元社員は5月に神奈川県警に逮捕され、地検が6月、処分保留で釈放し、在宅で調べていた。地検は認否を明らかにしていない。

  起訴状によると、岡村元社員は日産の商品企画部門に勤めていた昨年7月、自宅や日産の事業所で同社サーバーにアクセスし、新型車の販売計画などの情報を含むデータ計17件をパソコンに複製。研修施設の教本もコピーして転職先の自動車会社に持ち込むなどし、日産の営業秘密を不正に取得したとされている。

  地検によると、元社員のデータ持ち込みについて、転職先の会社の関与は見られないという。

(10月22日 時事ドットコム)