HOME  > 新着情報  > 労災ニュース
アーカイブ | RSS |

新着情報

  

労災ニュース : 睡眠時間から過重労働判断 1審の不支給取消す 心疾患死を労災認定 名古屋高裁

投稿日時: 2017-03-16 18:47:15 (491 ヒット)

以下、引用です。

  心疾患による死亡を労働災害と認めなかったのは不当として労働者の妻が提訴した裁判で、名古屋高等裁判所は、請求を棄却した1審の判断を覆し、労災保険の不支給処分取消しを命じた。

  死亡直近1カ月の時間外労働約86時間に加え、うつ病による早朝覚醒で睡眠時間が5時間しか確保できなかったことを考慮した。通常の労働者の100時間超の時間外労働に匹敵する負荷があったとして業務起因性を認めている。

(3月13日 労働新聞)


労災ニュース : パナソニック社員の労災認定 富山工場勤務昨年死亡 砺波労基署

投稿日時: 2017-03-07 19:08:47 (533 ヒット)

以下、引用です。

  富山県砺波市にあるパナソニックの工場に勤務し、昨年6月に死亡した40代の男性社員について、長時間労働が原因として砺波労働基準監督署が労災認定していたことが3日、分かった。遺族から同社に連絡があったという。

同社によると、認定は2月上旬。死因は遺族の意向で公表していない。男性は電子部品の生産拠点であるデバイスソリューション事業部の富山工場に勤務。社内調査によると、死亡直前の時間外労働は月100時間以上だった。

パナソニックは「厳粛に受け止め、社を挙げて再発防止に努める」としている。

(3月3日 時事ドットコム)
 


労災ニュース : 川崎重工 石綿健康被害で元従業員遺族らと和解 神戸地裁

投稿日時: 2017-03-02 18:26:03 (416 ヒット)

以下、引用です。

  アスベスト(石綿)で健康被害を受けたのは川崎重工業(神戸市)が安全対策を怠ったためだとして、造船工場の元従業員の遺族らが同社に損害賠償を求めていた訴訟は28日、神戸地裁(冨田一彦裁判長)で和解が成立した。同社が解決金を支払い、元従業員らの健康被害調査などに取り組む内容。原告側のアスベスト訴訟関西弁護団が明らかにした。

  和解条項は、同社が石綿対策の不備を認めた上、雇用主としての責任を自覚して原告らに哀悼の意を表明する内容。健康被害の調査や救済に「迅速かつ誠実」に取り組むことも盛り込まれた。解決金の額は非公表。

  提訴は2014年7月。元従業員は1960年代に神戸工場で船内電気工事や溶接作業に従事した男性2人で、いずれも悪性胸膜中皮腫と診断され、労災認定された。1人は12年6月に、もう1人は提訴後の14年11月に死亡した。

(2月28日 時事ドットコム)
 


労災ニュース : 原発事故 札幌の男性 収束作業中がん発症 労災求め提訴

投稿日時: 2017-03-01 19:14:09 (363 ヒット)

以下、引用です。

  東京電力福島第1原発事故の収束作業中の被ばくによりがんを発症したとして、札幌市の男性(58)が2月28日、国に労災認定を求める訴訟を札幌地裁に起こした。弁護団によると、原発事故収束作業での労災認定を求めた訴訟は全国初。

  訴状などによると男性は2011年7〜10月、福島第1原発1〜6号機の建屋付近で重機を使いがれきを撤去する作業を行った。12年6月〜13年5月に胃がんなど三つのがんを発症。13年8月、福島県の労働基準監督署に労災を申請したが不支給となり、審査請求、再審査請求がいずれも棄却された。

(2月28日 毎日新聞)
 


労災ニュース : 通勤災害の3割が雪や路面凍結が原因 福島県

投稿日時: 2017-02-23 19:49:48 (404 ヒット)

以下、引用です。

  福島労働局は、福島県内で平成27年度に通勤途中に転んでけがをするなど通勤災害と認定した550件のうち、約3割の150件が雪や路面の凍結が原因だったと発表した。

 労働局によると、通勤災害の原因や傾向の分析は全国で初めて。雪に慣れているはずの東北地方でも災害は多発しており、注意が必要なことが分かった。岡久潤労災補償課長は「滑りにくい履物で、ゆとりをもって通勤してほしい」と呼び掛けている。

 分析によると、150件は27年11月〜28年3月に発生。約7割が女性で、特に50代以降で女性の割合が高くなる傾向があった。

 半数以上の85件が徒歩で通勤中に転んでおり、車での移動中にスリップしてガードレールにぶつかるなどの事故を起こし、けがしたケースの42件を上回った。

  時間帯別に発生件数をみると、7時台が164件と最多で、8時台110件、6時台44件と続いている。同労働局は、「決まった時間までに出勤しようと焦り事故に遭うケースが多い」とみている。退勤時間帯は、18時台(32件)と17時台(30件)が目立った。

(2月17日 労働新聞)


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 49 »